ストレージ(SSD、HDD)の解説

ストレージはパソコン内でデータやアプリケーションを記憶する代表的な記憶装置です。大きい程たくさんのソフトウエアやデータが格納できます。 大きくSSDとHDDの2種類あり、HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、HDDの中にデータを記録するプラッタと呼ばれる磁性体が塗られた円盤が複数入っていて、 磁気ヘッドでデータを書き込み・読み出しをする仕組みになっています。その為、振動などに弱いですが、保存容量が大きく、また価格も安く済ませることが出来ます。 SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、USBメモリの様にメモリーチップを内蔵した記録媒体で、HDDと違って内蔵ディスクを回転させてデータの読み書きを行わない為、 非常に読み書きが速く、またサイズも小さく軽量で、バッテリーの消費も少ないのが特徴です。 読み書きが速い為、パソコンの起動も早く、内部で機械的に駆動する部分がないため衝撃にも強いので、現在ノートパソコンに搭載されるストレージとしてはこのSSDが主流となっています。デスクトップパソコンに搭載されているのはHDDが多く、スタンダードタイプではほとんどがHDD搭載となっています。 また、ハイスペックやゲーム用のデスクトップパソコンにはSSDとHDDの両方を搭載している機種が多く、負荷の高い処理が必要な動作と、大容量のストレージを兼ね備えた機種が多いです。